現在、腰痛の人口は約3000万人と言われています。その中で原因の分かる腰痛はわずか15%、残り85%は原因が分からない腰痛なのです!

 

それでは原因が分かる腰痛と、原因が分からない腰痛は何が違うのか?

次の項ではそれについてお話をします。

✓腰痛の原因が分からない理由

 

病院でする検査は主に

問診、画像検査、神経検査になります。

これは重症のヘルニアや、骨折などの緊急性が高い腰痛を見分けるための検査でこれで15%の緊急性の高い腰痛を判断しています。

 

しかし、残り85%の腰痛はこの3つの検査だけではほとんど分かりません。そして、緊急性が低いためそれ以上の検査は行いません。

これが腰痛の原因が分からない理由なのです。

 

そこで当院では、筋肉テスト、筋力テスト、姿勢検査、整形外科学的検査などの検査を用いて、残りの85%の腰痛の原因を特定してから治療に入ります。

✓腰痛の原因って?

 

腰痛の原因は同じところに痛みが出ている人がいたとしても、人によってまったく異なります。そして、腰の痛みが出ている部分に原因があることは稀です。

 

によっては、それがおしりの筋肉であったり、膝であったり、首であったり、またはそれら全てが原因である場合もあります。

 

その原因を問診や検査から見つけることが腰痛改善の第一歩なのです。